工藤のページTOPへ


工藤の講義情報

地球の科学A
地球の科学B
地球環境論
基礎物理学A(終了につき、教材大放出!?)
力 学(終了につき、教材大公開!?)

※PDF形式の電子ファイルを公開しています。うまく表示できない人は、工藤研究室(9号館2階東端、外から見ると噴水の前あたり)にプリントしたものを取りに来てください。


工藤の「地球の科学A」

配布資料(2009年度)
※講義中お配りしているデータや文献からのコピーは、著作権保護の観点からこちらには掲載しませんのであしからず。入用の方は工藤までお問い合わせ下さい。

   講義メニューおよび「レビュー論文挑戦者へ告ぐ!!」

   FAQ-1:パーセク

   FAQ-2:銀河(2014年改訂)

      (以下2008年度以前のもの)
      FAQ-3:プレート・テクトニクス

  ◎講義終了間際の3分間、自由に書いてもらってマス。
   「最近の学生は文章が書けない」って誰が言ったのサ。
   Voice:『地震予知』と聞いて・・・

工藤の「地球の科学B」

配布資料(2010年度)
※講義中お配りしているデータや文献からのコピーは、著作権保護の観点からこちらには掲載しませんのであしからず。入用の方は工藤までお問い合わせ下さい。

   講義メニュー

   FAQ-1:太陽系の誕生・時間のモノサシ・全球凍結(2004年度版)

  ◎Voice
    地球について想像力を発揮できるようになったついでに、
    みんなで考えてみました・・・。
    Voice-1:もし地球が今のサイズではなかったとしたら?
    Voice-2:“宇宙や地球の営みの一部”としての自分(2010年度版)

      (以下2004年度版)
      Voice-2:講義への要望・感想など
      Voice-3:“宇宙や地球の営みの一部”としての自分
      Voice-4:地球の誕生〜生命の誕生を振り返って
      Voice-5:地球外文明が見当たらないのは?
      Voice-6:もし恐竜絶滅がなかったら?
      Voice-7:もし人類の祖先が視力を獲得しなかったら?

  ◎数学の道具を使って理解を深めたい方へ
     『時間のモノサシ』のところで、「放射性元素の量を砂時計
    のように使って地球の過去を時間軸と共に探る」方法を、グラフを使って
    紹介しました。
     この部分を数学の道具で理解したい方はこちらを参照してください。
       (最近入手したTEXのソフトの動作確認のために書いてみたもので、
        実は内容のチェックは未だですが、たぶんこんな感じかと・・・。)
    ただし、あくまで本講で理解していただきたいのは「どんな現象をどんな
    道具として使い、地球の過去が調べられてきたのか」ということであり、
    数式に没頭するあまり、「何をしてたんだっけ?」ということにならないように。

工藤の「地球環境論」

配布資料(2009年度)
※講義中お配りしているデータや文献からのコピーは、著作権保護の観点からこちらには掲載しませんのであしからず。入用の方は工藤までお問い合わせ下さい。


工藤の基礎物理A
※うまく表示できない人は、工藤研究室(9号館2階東端、外から見ると噴水の前あたり)にプリントしたものを取りに来てください。

   心構え:この際、物理をナメてかかろうぜ!
   基礎確認シート@: 速度・加速度
   基礎確認シートA: 運動の法則
   基礎確認シートBa: (ここからローテク穴埋め式)落体の運動・放物運動・抵抗力を受ける運動
   基礎確認シートBb: 円運動・単振動
   基礎確認シートCa: 仕事
   基礎確認シートCb: 仕事とエネルギー
   基礎確認シートD: 運動量保存の法則
   基礎確認シートE: ケプラーの法則・万有引力の法則
   基礎確認シートF: 剛体の回転運動

工藤の力学

★『工藤の「力学」2006年度版』・・・ちょっと重たい(さらにMicrosoft Internet Explorer じゃないと動かない)スライドショーバージョンはこちら

★『工藤の「力学」2006年度版』・・・ちょっとちっちゃいpdfバージョンはこちら

※うまく表示できない人は、工藤研究室(9号館2階東端、外から見ると噴水の前あたり)にプリントしたものを取りに来てください。

   第1日: 力のモーメント(トルク)=モノを回転させようとする能力
   第2日: 円運動:質量をもった小さな点が円周上をまわる様子
   第3日: 円運動:ビブン・セキブンとの関わり・『角度』の取り扱い(radで何がうれしいのか)・小さなウソ(近似)で大きな楽をしよう。
     ●もんだい3
   第4日: 宇宙における回転(1):ケプラーの法則・万有引力の法則
     ●もんだい4
   第5日: 宇宙における回転(2):角運動量
     ●もんだい5
   第6日: 宇宙における回転(3):面積速度
     ●もんだい6
   第7日: 回転運動に必要な約束事〜並進(一般)運動と並べて理解しよう〜:慣性モーメントと質量。
     ●もんだい7
   第8日: 点の回転から物体の回転へ:「慣性モーメント」はどう表現できるか?
     ●もんだい8
   第9日: 『棒』の回転:「慣性モーメント」はどう表現できるか?
     ●もんだい9
   第10日: 『円板』の回転・『球』の回転:「慣性モーメント」はそれぞれどう表現できるか?
     ●もんだい10

工藤のページTOPへ